33歳 結婚

婚活男性が希望する女性の年齢上限って知っていますか?

婚活中の男性が結婚相手の女性に希望する年齢の上限って知っていますか?

 

婚活女性2

一般的に女性の年齢上限は【35歳】と言われています。

 

しかし、厳密にいうと実は【33歳】が上限と考えなければならないんですよね。

 

というのも、男性が35歳に女性の年齢上限を設定するのは『出産』と関係しているからです。

 

最近良く耳にするのが、高齢出産のリスクです。

 

高齢出産とは日本産婦人科学会によると「35歳以上の初産婦」と定義されています。

 

35歳を過ぎての初産は、年齢が高まるほど卵子の質が劣化または老化し染色体異常などが起こりやすくなりダウン症などの発症率が高くなる傾向にあります。

 

 

また、高齢分娩の妊産婦死亡などのリスクも高くなり、第一子出産が高齢出産の場合は母子共にリスクが高くなります。

 

そのようなことを耳にした男性は「35歳までに一人目の子供を産みたい」という考えを持ち、出産年齢から逆算すると33歳以下の女性を結婚相手として選ぶようになるのです。

 

30代になってからは異性との出会いがめっきり減ったという方も、実は30歳から一つ年齢を重ねるごとに出会いの機会は減少していきます。

 

そして35歳を過ぎたら、40代以上の男性かバツイチ男性などからしかアプローチがなくなってしまいます。

 

それも婚活サービスを利用していたらの話で、普通に生活していると結婚を意識できる男性との出会いは先ずないと思って下さい。

 

もしあなたが33歳になっているならば、今が婚活を始めるラストチャンスです。

 

34歳になってから慌てても遅いんです

34歳になってから慌てても遅いし、35歳になったら結婚相手に求める条件設定も大幅に変えないと結婚できる確率はかなり低くなるからです。

 

婚活女性

男性からのニーズがあるうちに婚活をした方が、貴方自身も男性を選ぶ側になって婚活を進めることができます。

 

しかし、そうはいっても婚活期間は34歳になるまでの長くて1年です。

 

交際期間やらなんやらを考えると、半年以内には意中の人を見つけないといけません。

 

半年以内に結婚相手を探すには、様々な婚活サービスの特徴を理解して利用していかないといけません。

 

婚活費用から考えて利用しやすいのは、婚活パーティーや婚活マッチングサイトです。

 

数千円程度の費用から婚活を始めることができるから、婚活初心者に人気です。

 

しかし、30代の婚活としてはオススメできません。

 

なぜなら、比較的20歳の若い女性が多く登録していて30代では年齢的に不利になるからです。

 

ちなみに婚活サイトが気になる方は、こちらのサイトをチェックしてみて下さい。

 

婚活サイトを口コミで選ぶと失敗する理由とは】 http://www.yoshinogari-kentei.jp/

 

30代で一人の婚活って辛いんです

年齢の不利をカバーできる容姿があれば話は別ですが、そうでないならば結婚相談所の利用をオススメします。

 

結婚相談所には、婚活をサポートしてくれる仲人・仲介人(アドバイザー・コンシェルジュ)が存在するからです。

 

あなた専属の担当となって、あなたの特徴を把握し、それに合った男性を紹介してくれます。

 

 

しかも、結婚相談所ならば相手のパーソナルデータ(年収・職業・家族構成・結婚観)なども事前に知ることができます。

 

今から頑張って合コンや友人の紹介で男性と知り合っても、結婚意志があるかどうかも分からないし、年収や結婚観なども聞きにくいです。

 

そんなところに時間を掛けていられるほど時間の余裕がない年齢ですから、そういう意味でも結婚相談所での婚活はオススメなんです。

 

あなたの担当となるアドバイザーに「できれば34歳になるまでに結婚したいです」と伝えることで、その意向に沿った形で婚活をサポートしてくれます。

 

他の婚活サービスでは、お相手探しからアプローチ・お茶やお食事の設定からお付き合いの可否まで自分一人でしなければなりません。

 

 

これってかなりしんどいことなんですよ。

 

 

フッたりフラレたりを毎日繰り返すんですから、下手をすると婚活疲れに陥って日常生活のリズムを崩す原因にもなりかねません。

 

そういう時に仲人・アドバイザーの存在って心強いんですよね。

 

分からないことや悩んでいることを本音で相談できるし、向こうは経験豊富なプロだから適切な答えを返してくれるし。

 

でも、ひょっとしてあなたは「結婚相談所って結婚できない男女が集まっている」と思っていませんか?

 

結婚相談所を賢く利用すれば、34歳になるまでに結婚できる確率がアップ!?

確かに一昔前はそのようなイメージがあったのも事実です。

 

しかし、婚活というキーワードが世間に浸透した3〜4年前からは、イメージもシステムも昔とは全然違っているのです。

 

一度こちらの方から、オーネットやブライダルネット・ラウンジメンバーズなど大手結婚相談所の公式サイトを御覧ください。

 

あなたが思っているイメージと全く違うと思います。

 

なかなか素敵な出会いに恵まれない時代ですから、多くの人が婚活サービスを利用して婚活をしているのです。

 

 

先ずは公式サイトから無料の結婚チャンステストなどを受けると、あなたの結婚観や相性が良いお相手候補を紹介してるシートが送られてきます。

 

そのうえでもっと話を聞きたいならば、無料相談を受け付けてくれるので、自分の結婚に対する思いをぶつけてみては如何でしょうか。

 

無料相談なんて行ったら強引な勧誘をされるのではないかと心配するかもしれませんが、それも一昔前の話です。

 

今の時代にそんなことをしていたら、あっという間にツイッターで拡散されて企業イメージが悪くなってしまいます。

 

それに消費者庁からの厳しい指導もあって、無理な勧誘などはないと思って大丈夫です。

 

それよりも希望する期間内で結婚できるかどうかの手応えや感触を直接確認できる貴重な場なので、積極的に活用してみることで停滞していたあなたの婚活が進み始めるかもしれません。

 

とにかく時間に余裕はないので、迷ったり悩んだりしていないで行動することが大切です。

 

サポートに定評のある結婚相談所には「オーネット」「ブライダルネット・ラウンジメンバーズ」「パートナーエージェント」がありますので、それぞれの特徴を公式サイトなどからチェックしてみてください。

 

また、無料でできる結婚チャンステストなどもあるので、本当の自分を知りたいならば一度試してみては如何でしょうか。

 

当サイトでオススメの結婚相談所はこちらのサイトで分かりやすく比較しています。

結婚相談所@料金比較はコチラから】http://www.fbi-japanbio.jp/

 

料金とサービス内容のバランスをしっかりとチェックして、自分が必要とする結婚相談所を見つけましょう。

婚活しているとよく分かりますが、男性は経済力・女性は年齢が結婚相手の条件として重要視されています。 男性は自分よりも年下の女性と結婚したいと思っているので、20代後半〜30代前半の男性は20代女性との結婚を希望する人が多いのです。 最近の婚活サービスではデータマッチングシステムで条件検索することが多く、年齢のところで「29歳まで」と設定されてしまえば30代以上の女性は検索結果に表示されることがありません。 そういう意味では20代というのが、女性にとって一つの大きな区切りとなります。 そしてもう一つの大きな区切りというのが【35歳】という年齢です。 これは男性サイドが「結婚〜出産」という観点で見た場合に、35歳以上で高齢出産になる女性を敬遠する傾向があるからです。 日本産婦人科学会によると35歳以上で初産をする場合高齢出産という位置付けになります。 女性は年齢によって妊娠出産能力が変化し、加齢に応じて出産のリスクが高くなるとされています。 10代後半〜30代前半までが妊娠・出産能力が高く、30代後半以後は男子へ支給の能力の低下が顕著に見られるようになります。 最近は医療技術の発達から高齢出産でも母子ともに健康である確率も増えてきていますが、リスクがあることには変わりません。 そういうことを知ってか、婚活中の独身男性は20代後半〜30代前半の女性の選ぶ傾向があるのです。 そして実際にはデータマッチングシステムで「33歳まで」と設定する男性が多いのです。 これには出会って結婚するまでに早くても1年、それからすぐに子作りして生まれるまで1年、つまり出産までに2年は掛かるという計算があるからです。 その計算が良いか悪いか別にして、実際にはそういう男性が多いという事実は知っておいたほうがいいと思います。 基本的に30代を過ぎたら1日でも早く婚活を初めて行動することが大切です。 だからといって「私はもう33歳になってしまったから、今更婚活やっても無駄かも・・・」というとそうでもありません。 結婚というのは沢山の人から申し込まれることが理想なのではなく、生涯をともにする1人を見つけることが結婚なのです。だから遅すぎるということはありませんが、状況は厳しくなっているという現実を踏まえておく必要があります。 だから30代を過ぎてそろそろ中盤に差し掛かってこようという人は、半年以内に結婚することを目標に婚活を始めてみましょう。 もちろん短期間で結婚相手を見つけることになるので、それなりの行動をする必要はありますが難しいことではありません。 やるかやらないかだけの問題ですから。

更新履歴


このページの先頭へ戻る